頭蓋骨

頭蓋骨は小顔矯正とのつながりも深い場所です。頭蓋骨を矯正することで、小顔効果が期待できます。

頭蓋骨を整える小顔矯正

頭蓋骨は、15種類、23個の骨で形成されています。骨が何枚も重なってできている頭蓋骨の隙間に、老廃物などがたまることで顔を引っ張っている筋肉がたるんでいくといわれています。

さらには、肩こりや腰痛が引き起こされることもあるのだとか。また、骨が組み合わされて構成されているため、頭蓋骨は寝方や頬杖、食べ物の噛み方、カバンの持ち方などの日常生活のクセによってゆがんでいきます。

こうした頭蓋骨のゆがみによって、顔のバランスが悪くなったり、むくみやしわ、肌荒れなどの肌トラブルを引き起こすことがあります。

頭蓋骨を整えることで、顔のゆがみも解消することができます。左右のバランスが整って、顎もシャープになりますし、さまざまな肌トラブルの改善にも役立ちます。

頭蓋骨矯正で得られる内面の変化とは

頭蓋骨の小顔矯正イメージ画像頭蓋骨のゆがみを正していくと、脳脊髄液の環境がよくなります。

圧迫されていた自律神経も滞りなく働くようになります。そのため、ニキビや吹き出物などの肌トラブル、不眠や耳鳴り、頭痛、肩こりなど、さまざまな身体の不調も改善できるともいわれています。

また、頭蓋骨の矯正をすることで、頭部の血流がよくなります。頭部の血流が滞ると、脳は機能が低下しているような状態に陥るため、頭痛、めまい、耳鳴り、目の痛み、不眠症、のぼせ、集中力の欠如、やる気や意欲の減退など、いわゆるうつ病の症状が引き起こされるそうです。

頭蓋骨の矯正を行い、血流がよくなることで、脳の機能低下を防ぐことができ、こうしたうつ病の症状の改善も期待できます。

頭蓋骨矯正は、小顔矯正という見た目の変化だけでなく、前向きになったり、体の中から元気になるなど、内面的な変化も感じられる施術です。

頭蓋骨矯正の注意点

頭蓋骨を矯正して小顔矯正を行う場合、いくつか注意しておきたいことがあります。

頭蓋骨のつなぎ目は、実際に目に見えるものではありませんから、本当に正しい方向に向かって整えているかどうか、わかりません。

間違った方向に調整してしまった場合、かえって顔をゆがませてしまうという危険性もあります。

ですから、本当に信頼できるサロンや施術者のもとで、施術してもらうことが大切です。