鼻&鼻筋

小顔矯正というと、顔の輪郭に注目しがちですが、鼻の歪みを直したり鼻筋をスッとさせることで、小顔になる場合があります。鼻と小顔矯正の関係について解説しています。

鼻の歪みを直して鼻筋をスッキリさせる小顔矯正とは

鼻が高くなったり、鼻筋がスッとすると小顔に見えるという効果があります。鼻&鼻筋イメージ画像

高い鼻ときれいな鼻筋、そして小顔が手に入るのなら、こんなにお得なことはありません。そんな欲張りな願いも、小顔矯正によって叶えることができるんです。

鼻の歪みを解消するために、小顔矯正に通っている人もいるかと思います。鼻が歪んでしまうのには、いくつかの原因がありますが、最も多いのが、顔の骨が成長する際に成長しすぎてしまうことによって起こるものです。

このほか、遺伝的な要因のほか、骨の成長過程で強い外力がかかると鼻が曲がってしまうことがあります。また、骨折などをしたときに、まっすぐにくっつかず曲がってしまうことも。

こうした、明らかな外力によるもののほか、筋肉や皮膚の力によって鼻が歪んでしまうこともあります。鼻の周りには、鼻根筋、鼻翼挙筋、鼻孔圧迫筋などの筋肉があるのですが、これらの筋肉は皮膚を介してつながっているので、片側の筋肉が縮むと、鼻の周りも引っ張られてしまいます。たとえば、顎がどちらかに曲がると、筋肉や皮膚が引っ張られ、鼻が曲がってしまうことがあります。

自分でできる鼻のマッサージ

自分でマッサージをして鼻の形を整えたり、鼻筋をすっきりさせることもできます。

鼻の形を整えるマッサージ

  1. 鼻から息を吸うように鼻の穴を縮め、鼻とその周りに力を入れる。
  2. 鼻の穴を緩めるように力を抜く。
  3. 1と2を10回くり返す。これを1日に5セット行う。

鼻筋をすっきりさせるマッサージ

  1. 左右の目頭に、両手の中指をそれぞれ当てて、眉頭に向かってマッサージをする。
  2. 親指で横から小鼻を押したり、円を描くようにくるくるさする。
  3. 顎に手を当てて斜め上に向かって首を伸ばし、もう片方の手で鎖骨の下あたりを抑えて、下に向かって伸ばす。

このほか、「鼻を高くするツボ」と呼ばれる「印堂」というツボを刺激するのもおすすめ。印堂は、眉間の中央にあるツボです。印堂から鼻の間をさすったり、軽く押したりして刺激を与えてみるといいかもしれません。

自分でマッサージをするときは、力を入れすぎず、痛みを感じるようなときは無理をしないようにしましょう。