HOME » 小顔矯正とは?知っておきたい基礎知識 » 効果を持続させるセルフケア

効果を持続させるセルフケア

せっかく小顔矯正を受けたのなら、少しでもその効果を長持ちさせたいですよね。自分で簡単にできる自宅ケアの方法を紹介します。

小顔矯正のための自宅ケア~生活習慣編~

たとえば、食事の時にも、ちょっとしたことを意識するだけでも、小顔矯正の効果が長続きします。セルフケア食事イメージ画像

  • 片側だけで食べ物を噛まない
  • 両方の奥歯で、バランスよく噛むようにする
  • 噛む力が均等になるように意識する
  • 一口分を小さく切って、少しずつ食べる
  • よく噛んでゆっくり食べる
  • 背筋を伸ばして、姿勢をよくして食べる
  • ながら食べをしない

そのほか、注意したい生活習慣としては、次のようなものが挙げられます。

  • 頬杖をつく
  • いつも同じ側の手や肩に荷物を持つ
  • 脚を組む
  • 猫背
  • 寝るときに同じ側を下にして寝る

こうした点に心当たりのある人は、日頃の習慣から見直してみるようにしましょう。

小顔矯正のための自宅ケア~セルフマッサージ編~

自宅で簡単にできる小顔矯正に効果的なセルフマッサージの仕方を紹介します。

簡単リンパマッサージ

  1. 両手の人差し指を、それぞれ左右の目尻の下にあて、目の下を通って、鼻までリンパを流すようにマッサージします。
  2. 鼻まできたら、まぶたを通って目尻に戻ります。
  3. そのまま、耳の付け根まで指を動かし、首にリンパを流します。

毎日、数回やるだけでも効果が感じられると思います。とくにお風呂上りがおすすめです。

簡単ゆがみ矯正

  1. 膨らんでいたり、大きく見える方の頬骨に手をあて、反対の耳の上に手をあてます。
  2. まっすぐ前を向いて、顔の中心に向かって両方の手に力を入れていき、20秒ほどキープ。
  3. 首をゆっくり回してほぐします。

力を入れすぎるとゆがみが悪化する場合があるので、痛くない程度に力を入れるようにしてください。

簡単表情筋トレーニング

  1. 目を大きく開いて、ゆっくりと「あ、い、う、え、お」の口の形をつくります。このとき、それぞれの口の形を意識するようにしましょう。
  2. 真上を向き、思い切り舌を出した状態で10秒ほどキープします。

表情筋をトレーニングすることで、顔についた脂肪が減少する効果が期待できます。