HOME » どんなことをするの?小顔になる方法 » リンパマッサージとは?

リンパマッサージとは?

顔のむくみに効果のあるリンパマッサージ。むくみを取ることで、小顔効果が期待できます。

小顔効果もあるリンパマッサージ

リンパマッサージとは、リンパの流れを促して、余分な水分や老廃物を排泄させるマッサージで、とくに、むくみによって顔が大きく見えるなどの場合に効果があるとされています。また、顔の老廃物が排出され、小顔になるともいわれています。

このほかにも、さまざまな効果が期待できます。

  • 小顔になる
  • 輪郭がシャープになる
  • 鼻筋がスッキリする
  • 肌に透明感が出る

リンパの流れをよくすることで、老廃物や水分がスムーズに排泄され、代謝もよくなるので、太りにくい体質になるとも考えられています。

リンパマッサージのやり方

リンパマッサージイメージ画像老廃物の除去や免疫としての機能を持つリンパは、体内の静脈に沿って流れています。このリンパを耳の下、首、鎖骨、わきの下、下腹部、足の付け根、ひざの裏などにあるリンパ節に流し込むようにしてマッサージをしていきます。

リンパマッサージには、強い力は必要ではありません。手のひら全体で、肌をなでるようにさすったり、指の腹でやさしく押す程度で十分。あまり強く押すと、逆効果になることも。また、マッサージの前後にコップ一杯の水分を摂ることでより大きな効果が期待できます。

ここでは、代表的な顔のリンパマッサージを紹介します。

<額>

  1. 両手の人差し指と中指、薬指を額の中央に置き、指の腹で少し押します。
  2. その3本の指で額をゆっくり押しながら、こめかみまで移動していきます。

<目の周り>

  1. 中指の腹を使い、目尻から目の下、目頭、目の上、目尻をやさしくさすっていきます。
  2. 目尻まできたら、そのまま耳の下までさすり、リンパを流していきます。

<頬>

  1. 両手の人差し指、中指、薬指の腹を使い、目の下からこめかみ、頬からあごの先までをさすっていきます。
  2. あごの先から目の下へ、筋肉を持ち上げるようにして動かします。
  3. 3本の指で、鼻の脇からこめかみに向かって、頬を持ち上げるようにしてさすっていきます。

むくみが起こる原因を知ろう

顔がむくんでしまうのは、肌の内側に余分な水分がとどまってしまうからです。

通常、体内の水分はスムーズに流れていきますが、水分の摂りすぎなどにより水分がスムーズに流れなくなってしまい、むくみにつながります。

むくみにはいくつかの原因があります。塩分を摂りすぎると、その後、水などの摂取量が多くなるため、むくんでしまいます。

また、アルコールの摂りすぎもむくみの原因になります。アルコールを飲みすぎると、血液中のアルコール濃度が高まって血管が広がり、血液の流れが緩やかになります。すると、水分の流れも滞り、むくんでしまうのです。

運動不足や、デスクワークなどで同じ姿勢をとり続けると血行が悪くなり、むくみやすくなります。冷え性の人も、血行が悪いことが多いので、むくみやすいといえるでしょう。

さらに女性の場合、生理前になると、女性ホルモンとの関係でむくみやすくなるといわれています。